No.274 (H.21.06.22)  甘い言葉など・・・・           


       来拝山から降りて、8号線に出るまでの間に、
       「遅くなった。7時までには帰れると思う。」 の電話を入れた。

       「気を付けてね!」 の言葉を期待したのであるが、
       返って来た言葉は、「遅い。」 であった。

       そして、その後が頂けない。
       「私は、その時間までは帰られそうにない。」 であった。

       「何~ 」 と言おうとしたが我慢をした。
       言っても険悪になるだけ・・・・・・

       「忘れるが徳。」
       「笑えれば大徳。」 である。

       大体、逐一報告していたのが失敗の元。
       「余裕を失う。」 結果をもたらしてしまったのであるから・・・・・

       「甘い生活などは砂上の楼閣」 とは、つゆ知らず、
       現在まで術中に嵌っている形である。

       「翼を折られ、首輪を付けられている。」 そんな感じである。