No.280 (H.21.07.29)   身体の線が・・・


         山ノ神が、我が家にやって来て(嫁いで来て)30余年。
       鍛えたわけでも、姑に、しごかれたわけでもないのに、
       あのまんまるな身体が、年毎に体重を落とし、
       見違える身体になった。  なっていた。

       それは、美しいとか、そうでないとかとは別の話で、
       私も、ちょっとばかり心配だったのであるが、
       最近は、点滴で凌いでいる。そのような思いでいた。


       ところが・・・・・・
       この頃、どうも身体の線が何だか可笑しい。

       何だか、ふっくらして来たように思える。

       必要な所にはなく、無くてもよいような所にある。
       山ノ神の言葉を借りると、「体重は変わらない。」 と言う。

       果たしてそうであろうか・・・、
       何事にもあまり気に掛けない私が感じるのであるから、
       「絶対にそんなハズがない。」 

       だからであろうか、最近すぐに息が上がるし、荷を担ぐのを嫌がる。
       運動・早起きなどの言葉を発すれば、機嫌が悪くなるのが落ちである。