No.289 (H.21.09.23)  山にはビールが付きもの・・・   

        

      遠出する時は、何が起こるか分からないから、「飲まないでくれ!」
      と、「山ノ神」 に頼んでいる。
      最近、すぐ眠たくなるから尚更である。

      それを守った今回の浅草岳では、山ノ神の顔は寂しさを隠せなかった。
      そんなに量は飲めないのであるが、「山にビールは付きもの。」
      と考えているのであるから、どうしようもない。

      「今晩飲めるのであるから・・・」 となだめていたが、
      いざ、キャンプサイトで飲み始めると、そう多くも飲めない。
      やはり雰囲気で飲むという事なのであろう。


      もちろんロングコースと悟った荒沢岳へは、アルコール類はカットであった。
      しかし、岩場で固まってしまい身動きが出来なくなった4時間は、
      如何様にしていたのであろう。

      食材は豊富にあるものの、炎天下で待ち続けなければならなかった
      のであるから、よくぞ我慢が出来たものである。

      あんな時、飲めたら、本当の 「点滴」 であったろうに・・・
      それでは、あの怖い降りはどうなった?
      勢いで降ったか、それとも 「時の人」 になってしまったかもしれない。

      助手席の「山ノ神」 は、それとなく、喉が渇いたような、
      ニュアンスの事を言い出したが、高速に乗ってしまえば、その手の物はない。