No.290 (H.21.09.27)   眠気には・・・   


      「起きている?」
      午後11時以降、「山ノ神」 から毎日のように掛けられる言葉である。

      一定時間食卓を共にしているが、飲み終わると、どうしようもない
      番組に嫌気がさして、PCの前へと去る。

      一時は、この時間が 「至福の時」 であったのであろうが、
      今や、「お休みに時間」 になりつつある。

      もしかしたら、HPの更新もストレスになっているかもしれない。
      PCはなくてはならないものであるが、面白さがなくなって来て
      いるのかもしれない。

      いやそうではなく、技術面が伴わない上に、
      睡魔に負ける体力になってしまったからのような気がする。

      そんな毎日を送っているが、最近は丸椅子からの転落が頻繁になってきた。
      何度も危ない目に遭った。

      膝・肘から落ちるどころではない。
      手首・足首も危ない。

      それどころか、顔面からの時もあった。
      もっと、危ない時があった。ストーブ側に墜落したのである。

      それではと、背もたれの付いた椅子を用意されたが、眠いのは一緒。
      最近は、眠たくなったら、すぐ寝る事にした。

      ところが、何処ででも寝るので、山ノ神がびっくり・・・
      「死んでいるのかと思った。」 が頻繁! 

      その内、「まだ生きていたの?」 になるかもしれない。