No.292 (H.21.10.01)  報復に備えて・・・    


       不燃焼物の当番が回ってきた。
       1年ちょっと(13~14ヶ月)に一回だから、大した事はないのであるが、
       普段のゴミ(燃えるゴミ)も、私が出すのが当たり前のようになっているから、
       「ちょっとぐらい手伝ってよ!」 となる。

       料理や洗濯で忙しいのなら、仕方がないと諦めるのであるが、
       床の中で、スヤスヤなのであるから、イヤな一言が出てしまう。

       山ノ神は、多くの数字を並べられる事と、何度も同じ事を
       繰り返して言われる事を、大の苦手としている。
       そして、「切れてしまうのである。」

       大人しそうにしているが、報復がないかと、ビクビクしなければいけない。
       燃えないゴミにも、燃えるゴミにも、出せないから安心していたのであるが、
       「埋められる。」 という方法もあるから、こちらがぐっすり眠られない。

       でも、近所では、「ダンナさん、この頃顔を見せないね。」 とか
       「あら~っ、奥さんゴミ当番に珍しい。」 と言われてしまうから、
       そんな心配はないと思える。

       やはり、「日頃の行いが身を助ける。」 「継続は力なり」 なのか・・・