No.294 (H.21.10.14)  厄介な人・・・     


      この度の毛勝山行は、意外と時間を要してしまった。
      上部斜面の凍結もあったが、知らず知らずの内の衰えが
      原因のような気もする。

      好天に恵まれ、これ以上ないという展望であったが、
      ちょっとの風でも寒さを覚えたし、何よりも斜面の凍結が
      一番の気掛かりであった。

      北ちゃんと話し合い気分的にも楽であろうからと、
      200m余降りた所で、食事処を求めたのであるが、
      山ノ神にしてみれば、今やっとの思いをして登って来た所を、
      「またすぐに降りるのか・・・」 であった。

      でも、ほろ酔い気分になるわけにいかないし、
      かといって、「飲まないと怖いし・・」 
      と言いながら、何事もないように通過出来たのである。


      腰を降ろせば乾杯である。
      北ちゃんと私は、0%の紛い物のビール。

      山ノ神は、第3のビールと言えども、酔えるビールである。
      「私の方が価格が安い。」 とでも言いたげに、また次の栓を抜く。
      イヤハヤ・・・

      食事を終えれば、北ちゃんマスターが入れてくれる美味しいコーヒーとなる。
      (絶景では、尚更のように美味しい。)

      時計を見ながら撤収作業に入るが、山ノ神の前には、
      まだビールもコーヒーもある。

      「暗くなってしまう。」 と言えば機嫌を損なうに決まっているし、
      女房と言えども実に厄介者である。