No.299 (H.21.11.05)  ストレスを担ぎながら・・     


     「今日は、調子がいいぜ! 頑張っているぜ!」 などと言えば、
     「ずっと、褒め続けろ!」 と山ノ神は言う。

     他の嫁さんは褒められても、我が女房を褒め続ける事など出来ない。
     それが、男という者である。

     山ノ神と二人の山行であっても、
     なるべく「頑張れ!」 「速いじゃない!」 「いいペースだ!」
     などと言っているのであるが、そう長続きしない。

     「もっと速く。」 「予定より遅れている。」 とでも言おうものなら、
     褒めて来た苦労?が、一瞬の内に吹っ飛んでしまう。

     写真にしても、「私をきれいに撮ってくれ!」 という難題を吹っ掛ける。
     「そりゃ、無理だ!」 とは言えない苦しさ・・・・
     何枚も撮って 「虚像を探さなくてはいけなくなる。」
     私は、これからも、多くのストレスを担いで登らなくてはいけないのだ。