No.30 (H.19.05.31)


    あまり足が強くないと言いながら、それだけの回数を、こなしているので
    あるから、山をやり始めた人達より少しは強い。

    しかし、4時間を経過すると、極端にペースダウンをする。
    それは致し方なく、計画段階で、ある程度のフォローを、頭に入れておか
    なくてはならない。

    標準コースタイムに、休憩時間を、プラスしなければならないのであるが、
    時間経過と共に、その休息時間が増えていく。

    二人だと、「山ノ神」の充分を聞いてしまうのであるが、パーティーを組む
    となると、そうもいかず 「頑張れ!」 を繰り返すしかない。
    不用意な?発言だけは、後々の事を考えると、言いたくても、言えない
    もどかしさ・・・

    大好きな山に登りながら、余計な荷を担ぎ、言葉を選びながら、
    話さなければならぬとは、何だかストレスを貯めに行っているような、
    おかしな感じである。


    しかし、ロングコースを歩いた翌朝は、清々しいのである。
    「山ノ神」は、決まって起きてこない。メシの準備も疎かになる。
    でも、私は気分が良い。

    「山ノ神」は痛いとは言わない。ダヤイと言う。唯・ダヤイと言う。
    痛いもダヤイも、同じようなものであるが、痛いと言うと負けたような
    気がするのではないか!

    ひもじい思いをしてでも、この時ばかりは、優越感を感じる。
    足が痛いなどと言わないから、もちろんマッサージなどを、
    施す必要はないのであるが、何時しか私は、「山ノ神」を奉る事にし、
    一切身体を触らない事にしたのである。

    もったいないし、壊しても、傷付けてもいけないから、
    遠くから見つめるだけにした。(足を出しても、手は出さない。)

    「あっそうだ!」 話す時も距離を置けば、言い争いにならないかもしれない。
    しかし、学習能力が劣る、いや、物忘れが酷い私は、持続性に問題がある
    かもしれない。