No.306 (H.21.11.21)   唯々、執念・・・           


      京都のホテルは京都駅の近く。
      当然のように、「街に出よう。」 と
      山ノ神に尻を叩かれる。

      京都は、40年前足掛け2年、私が住んだ所。
      変わらないところもあるが、随分と変わっ
      たところもある。

      渋々出掛けるが、食べる処は何処もいっぱい。

      何としても、何処かに入りたい山ノ神の執念で、
      食事処で席に着いたが、何はともあれ 「ビール」 と、ご発声!
      すぐに喉越しとなったが、これぞ本当の 「点滴」 の効力になった気分!