No.31 (H.19.06.13)


   リックが重いハズであった。
   雪上を歩くとなると、どうしても、私は、重荷を背負わなくてはならない。

   「ピッケルなどは使わない。」 と言う「山ノ神」であるが、イザとなると、
   雪中に深く刺さり確保出来るからであろうが、私のを奪い取るのである
   から堪らない。

   常時、私が愛用しているピッケルの他に、高校時代に購入したツルハシ
   のような大きくて長いピッケルを、リックに括り付けなければならないのである。

   そのピッケルに合うようなケースなど、山用具屋に売っていないのであるから
   年代物であり、その重さは1キロ近くなのであるが、やたら重く感じてしまう。

   「山ノ神」は、必要な時しか使わず、後始末は私がしなければならないのである。
   家の事は、ほったらかしの私であるから、それくらいは仕方がないのであろうが、
   後がいけない。


   大日岳行きでは、飲み終えてから、ハンドルを握るまで、5時間の猶予があるから
   私が1本、「山ノ神」2本、そして、おまけに、もう1本を覚悟していた。
   それは、目的を達成することがなく、早めに、宴会突入もあるかもしれないとの
   思いからであったのに・・

   なのに、保冷剤として冷凍したビールを、食材の中に入れて、私に担がせたの
   であった。

   時折、自分のりっくに隠し持っていた事は承知していたのであるが、健脚者揃い
   の中で、なおさらハンディーを課せるなんて、「どういうこっちゃー!」 
   ビールを飲みたくて山に登る。他の人から見れば、不謹慎極まりないのでは・・

   過去に2度だけ、下山が怖くて、飲まなかった事があったが、今回も怖いと
   言いながら、一向に「プシュッ」とする、栓を抜く作業は止まらなかった。

   「怖い」とは、演技だったのか? イヤそんな事はなかった。
   急斜面を降りる時、膝が痛いと言って、なかなか足が降りなかった。

   下に降りてしまえば、あまり痛くはないという。
   「痛い」は、怖いという事か、それとも、やはり飲み過ぎか? 

   「大日岳」を含め、この一ヶ月間に、登れると思っていなかった山
   (残雪が多く)に登れて、もうルンルンである。

   でも、ビール無しだったら、登ろうなんて言わなかったかもしれない。
   とにかく、私にとっては、大きな荷物である。(ゴメン!)