No.316 (H.22.01.03)  流石の山ノ神も・・・                     


       虎谷山の日程が変わったとの連絡が入り、
       山ノ神にも行くよう勧めたのであるが、
       「錚々たるメンバーでは、私なんて・・」 と尻込みをし出した。

       「そのようなメンバーだから、後からゆっくり着いて行けば良いので、
       何かあれば助けてくれるよ!」

       「それでも心配だというなら、私が必ず引き上げてやる。」
       その言葉が、利いたのかどうか分からないが、山ノ神は行く決断をした。


       本当の決断を鈍らしたには、それより先にあったのである。
       それは娘の一言であった。

       「正月だというのに誰も来ない。」
       「そして、親も家にいない。」 「こんな家はないのでは・・・」 

       山ノ神は相当 応えたようであった。