No.32 (H.19.06.29)


   山道はイヤ。雪道はイヤ。もちろん狭い道もダメ。出来る事ならバックもイヤ。
   インターチェンジや、パーキングからの合流するのがイヤだから、高速の運転も
   ダメなのである。

   過去に、サービスエリアから本線に入る時、一旦停止をするくらいであるから、
   何をか言わんであった。ジャンクション通過も、違った所へ行きそうになるから
   イヤだともいう。

   こんなのが結構続いたのであるが、私の体力の衰えから、遠出の機会が少な
   くなりつつある今日になって、否応ナシに、「山ノ神」のハンドルを握る機会が
   増えてきた。

   「疲れるからイヤ、眠くなるから・・」 などと言う事が増えるにしたがって、
   「山ノ神」はハッスルし出したのである。

   もっとも、ここ2~3年は、「山ノ神」が登れない山(一緒出来ない山)の時は、
   独りで遠出をこなすのであるから、いやはや参っていたところである。

   先日も、長野県諏訪市に出掛けたのであるが、今まで通しで、ハンドルを握った
   事がなかった、上高地公園線・風穴の里から、飛騨市神岡まで、しかも安房峠
   経由で運転出来たのであるから驚きである。

   今までは、助手席で、眠たくても、眠れなかったのであるが、怖い時は止まる。
   後から速い車がやって来たら、追い越をされるなどの事を徹底するので、
   ウトウト出来るようになった。

   飲めないのなら・・ハンドルを握る。また、ハンドルを離すのなら飲ませろ!
   何だか、恐ろしい我が家になってきた。