No.322 (H.22.01.23)  山に行かないと言っても・・・                         


       体調が悪い。頗る悪い。
       「もしかしたら、今度は山に行かないかもしれない。」 と言うと、
       「ウソでしょう。」 と、山ノ神が切り返してくる。

       「今度は、私が行こうと思っていたのに・・・」 とまで言う。
       「行く。」 と言えば、「行かなくても・・」 と返すし、
       「行かない。」 と言えば、行きたそうな顔をする。

       自分の心の底にも、「何とか・・」 の気持ちがある。
       それは、全休日山行に拘ったのと違ったものである。

       家にいても、治るわけがないし、気も晴れない。
       必ずと言ってもよいほど、「行ってこれば良かった。」
       になるからである。

       これもそれも、お天気次第だし、あと2日間に、
       自分の治癒力を掛けてみたい。