No.324 (H.22.01.30)  ささやかな贅沢・・・                          


         私の贅沢は皆が寝ている時に入る朝風呂。
         (皆がと言っても、もうすぐ二人になるが・・・)

         山行日以外余程の事がない限り、ずっと入り続けている。
         と言っても、庄助さんのように朝酒はない。

         後は、仕事が終わっての晩酌と、小銭がある時に買う
         甘いお菓子を、こっそり一人で食べる事ぐらいである。

         もっとも、山用具を買う時は、その数倍楽しく
         ワクワクするのであるが、その機会はドンドン少なくなっていく。

         余力の無くなった私は、「ちょっと遠くに行く。」
         「ちょっと贅沢に・・」 などは、一人ではあり得なくなってしまった。

         山ノ神と一緒でない限り、それが例え山行であったも、
         ガソリン代や高速代、そして、食料代も出してくれない。

         「誰かさんと食事を・・」 なんて事は、まずないし出来ない。
         「翼を返した。」 と山ノ神言うが、エネルギー源がなければ、
         翼は羽ばたかない。まだ、がんじがらめに変わりはない。