No.325 (H.22.02.02)  たまには、違った価値観を・・・                           


         正午を少し過ぎたが、許容範囲内だと思って家に戻ってみると、
         もう娘も山ノ神もいなかった。

         山中の行動も控え目、そして、一生懸命に車を走らせたりしたが、
         その思いは伝わらずであった。

         電話をしたし、メールもしたのであるが、返事が来なかったから、
         「オヤジなんかどうでもいい。」 となったのかもしれない。

         どうしようもない好山病であるが、他の病より増しではないか・・
         と思うのは、やっぱり自分よがりなのかな。

         そんな事があり、空いた午後の時間を、日頃やり残した
         いや、仕事中にやっている事を、この時とばかりにこなした。

         それでも、夕方から外に連れ出され、人並みの時間を過ごしたが、
         「こんな事も、たまには良いのかな!」 と思うなんて、
         やっぱり、何処か可笑しいとしか言いようがないのかもしれない。