No.330 (H.22.02.11)   とても心配!                               


       

       依然、娘の調子が悪い。
       我慢出来なくて病院へ行って来たらしい。

       婦人科に行ったらしいが、特別な事もなく内科のようである。
       帰京が週末に迫り、何だか本当に大丈夫なのかと思う。

       クタクタになっている娘の事を思い、山ノ神がヒメに付き添っている。
       通常は、山ノ神と娘が入れ替わるだけなのであるが、
       何故か昨夜は、寒い私の部屋に、娘の寝床が用意されていた。

       就寝の遅い私は、既に布団にくるまって寝ている娘に、
       優しい言葉の一つも掛けてやれなかった。

       布団の膨らみが、何故か小さくなったように思えてならなかった。
       早く元通りになって欲しい。