No.389 (H.23.01.17)  お守りがあるからこそ・・・・  


                           

        深雪に猿倉山までも行けないのでは・・と「山ノ神」 は言った。

        「人間の力というものは、意外と強いものだよ!」 
        「それに、3時間以上歩かないと、リハビリとはならないのでは・・・」
        と諭したつもりであった。

        「お守りは持って来たのかね。」 も忘れず聞いた。
        「うん、ちょっと・・」 と小さな返事が返って来た。

        約束の午後2時を、かなりオーバーし2時半近くになってしまったが、
        シェルター造りは、10分も掛からない。

        それからは、「山ノ神」 の独壇場である。
        寒いのに、プルタブ抜き、カップ麺を食べ、コーヒーまで飲む。
        雪が吹き付けても、「何のその・・・」 である。

        「もうナイター照明はないのだよ。」 の声にようやく
        重い腰を上げた「山ノ神」 であったが、帰り道は思うように
        足が上がらなかったようであった。