No.39 (H.19.09.06)


     結局、一緒に山へは行かなかった。
     あっちは、こっちの事が気になってか、ちょっとだけ探りを入れて来る。
     こっちは、意地でも、あっちの事は聞かない。
     これがいけないのかもしれないが、どうにもならない。

     会合から戻ったら友達の細君がいた。
     共通の友達だけに、「ぶっきらぼう」 というわけにもいかない。
     その会話が長くなるにつれ、相槌も伴う。
     何だか可笑しくなってしまう。
     俺は、何に怒っていたのか分からなくなった。

     これが、あっちの作戦だったのか・・・・