No.390 (H.23.01.19)  どんな音にも耐えて・・・   


                           

        友人達が、今晩やって来る。
        「三人会」 と称する仲間で、「はるちゃん」と「キヨシ君」である。

        久し振りに飲もうという事であるが、こちらは毎日飲んでいる。
        あちらさんも、もしかしたら、それ以上に飲んでいるかもしれない。

        片付けの他に、勝手口の除雪をしなければならない。
        家とブロック塀の間の三尺通路は、吹き溜まりになるせいか、
        どこよりも雪量が多い。

        ママさんダンプを駆使して、吹き溜まりの排雪を行うのであるが、
        その場所は、寝ている「山ノ神」のちょうど頭辺りになるのである。

        早い時間でもないし、ちょうど目覚ましになるくらいのつもりで、
        作業をせっせとやるのであるが、一向に、「山ノ神」が起きて来る
        気配を感じられなかった。
        コンクリートとママさんダンプの摩擦音は、かなり響き渡るのにである。

        台所で、「おはよう。」 との言葉を交わすが、
        「煩かった。」 とも言えずにいた山ノ神であったが、
        朝食のタイミングは、いつもと何ら変わらなかった。