No.394 (H.23.01.29)     寒い朝 


                           

          朝方は冷え込んだ。

          頼まれた配布物があり、暗がりであったが、車を温めるより
          歩いた方が早いと思ったが、そうは問屋が卸さなかった。

          道路の気温表示は-5・7℃。
          警戒していたが、ツルッといった。

          手を着いたがあまり痛くはなかった。
          腰辺りが、ちょっと可笑しいが、大した事はないと思う。

          家に戻って、白河夜船の「山ノ神」 に、
          「滑った。」 と報告したが、
          「滑ったあなたが、不注意だったのでしょう。」 と素っ気ない。

          それどころか、「台所のゴミを捨てておいて・・・」
          「台所のエアコンのスイッチを・・・」 などと、人使いが荒い。

          これでは、100年の夢も覚めてしまう。
          最も、そんなに長く、この世にはいられないが・・・・・