No.398 (H.23.03.20)  てっぺんに登ったからには・・・    


                           

          雪穴を掘り終えた後、砺波から来られたという
          M夫妻と、ちょっと山談義。

          その間、その雪穴で「山ノ神」は、点滴を打ち続けていた。
          最も、掘り終えるまでの20~30分程、何する事もなく
          つまらなかったに違いないから、その反動とも言えなくもない。

          「頂上まで行くかね?」 と問うと、
          「私飲んだからダメ。」 との、いとも簡単な返事。
          「あんただけ・・・」 を、言いたかったらしい。

          三角点に立てば、牛岳権現がある頂上に、
          そんなに拘る事はないのであるが、歩く距離が短くなったのである。

          コーヒーを沸かしながら、
          「今日は、トレーニング、または、修行の気持ちでやって来たので
          あるから、こっそり、点滴を持って来るのは不謹慎ではないか・・」

          と戒めたつもりであったが、「私が担いで来たのだから・・・」 と
          悪びれた様子もなく、それなら言わなければ良かったと思った。

          車に戻ったら雨になったのであるが、
          「私も被災地の事を心配している。」
          「東京の娘達も心配。」
          点滴が切れたのであろうか、「山ノ神」は、普通の人になっていた。