No.4 (H.18.10.05)



    白山山頂に着いたのは、午後1時45分頃であった。平瀬道の規制や、
    池巡りで、彷徨った事もあり、大幅に遅れてしまった。

    それは、「ビール飲み」という「山ノ神」の至福の一時を、奪ってしまった
    感じになった。
    「30分、いや40分」と、チョットの休憩が、なし崩しに長くなっていった。
    暗くなるのを覚悟したものの、少し速く歩けば、何とかなるであろうという
    気持ちが働いた事も歪めない。

    車に乗るまで4時間余あるのだから、ちっちゃなカップ(140ml)に、
    一杯だけ相伴し、後はコーヒーとした。
    ところがである。もうチョット飲みたいから、あんたも手伝って(もう少し飲め!)
    くれないかという。

    「運転手に飲むな!」 と言うのなら分かるのであるが、「もうチョット飲め!」
    とは、何・・・・・
    私が急かすから、いっぺんに飲めないと言うのが理由である。

    持ち込んだビールが2本だけかと思ったら、保冷剤の理由付けで、
    3本もあったのである。(家に戻って、荷物を整理したら、その他に、
    もう1本出て来た。)
    「うーん。どうなってんの?」