No.401 (H.23.04.12)  何もかも「山ノ神」 のペース  


                           

          洞山行きで、雪の状態が気になり、「山ノ神」は、
          いつものスノーシューから、カンジキにかえた。

          しかし、急斜面で四苦八苦するのを目撃し、
          私のスノーシューと交換してやった。

          その後は、スイスイの「山ノ神」。
          私は、慣れぬカンジキに結構疲れた。

          それもその筈、主要な荷は、全部私が担いでいるのであるから・・

          寒くても、雨が降っても、あれを胃袋に入れれば、
          ご機嫌の「山ノ神」。

          そして、雪が切れたところでは、スノーシューを脱ぎ捨てて、
          担ぐのは、やはり私である。

          下山した後、目を痛めた私の事など忘れて、
          フキノトウ採りを提案し、皆を従わせてしまった。

          我慢していた私であったが、最後の最後に、「目が辛い。」
          と言って、運転を代わってもらわなければいけなくなった。