No.402 (H.23.04.13)  朝の僅かな時間に・・・・  


                           

          桜の開花状況を知りたくて、ちょっとばかり、
          早起きして、古城公園へ行った。

          これも、歳の所為なのであろうか、一年に一度ぐらいは、
          どんな形であろうと、花見をしたくて、その偵察の意味合いもあった。

            新しい木、古い木、あるいは、陽の当たるところ、当たらないところ
          などがあり、咲き始め、五分咲き、満開近しなど、ばらつきを感じた。

          小竹藪の状況を確認して、家に戻ろうとしたら、
          「山ノ神」 から電話が掛かって来た。「一人で行ったのか・・・」
          であった。

          「出し抜いた。」 と言いたかったのであろうが、
          「起こしても、起きないくせに・・・」 が、こちらの言い分。

          「朝の僅か30分くらい自由にしてくれ・・・」 と歩いていたら、
          「えっ、」 と声を上げてしまった。

          「山ノ神」 である。
          擦れ違いに、公園へ足を向けて行った。
          そのため、今朝も、朝食が遅れた事は言うまでもない。