No.410 (H.23.06.10)  「どのような事にも対処」 なのか・・・ 


                           

          今度の事で体調を崩したが、「山ノ神」は、
          あまりイヤな顔をしなかった。

          飲み過ぎぐらいで、死ぬ事などないと思ったからか、
          それとも、自分も、その身に、よくなっているからだろうか・・

          今日は、それから4日目の夕食であった。
          なのに、やはり、ご飯は準備されていなかった。

          通常の我が家は、昼食で、ご飯が終了という暗黙の了解がある。
          でも、「このような状態なのに・・・」  である。

          「飲め!」 という事なのであろうが、
          私には、「山ノ神」 の 「点滴」 とは違うのである。

          「もう、一日大事を取って・・・」 は、
          何だか、「山ノ神」 には、気に召さぬようで、

          それは、必ずしも寂しいという事でもないらしく、
          もしかしたら、早く逝かせたいからかもしれない。