No.414 (H.23.08.18)  重荷を担ぐのは・・・


                           

       今回の双六・鷲羽行きの荷が、予想以上に膨れ上がった。
       「3泊の計画では、献立・食材の都合が着かない。」
       のが理由で、2泊に縮小したハズであった。

       「山ノ神」に、渡された物を、全部ザックに詰め込んだが、
       雪山より重いものになった。

       ピッケル・アイゼンやシャベルもなく、重い三脚も外したのに・・・

       テン場で、私が担いで来た物を確認すると、
       「何だ、これは・・・」 「誰が食べるのだ。」 となった。

       4~5日、いや、一週間くらい、
       山に、こもっても大丈夫な程である

       もしかしたら、見知らぬ人との宴会を、
       考慮してのメニューなのかもしれないが・・・


       まだある。

       寒さを想定した着衣である。
       ダウンに、薄手ながらのセーターを発見。

       シュラフは、冬用。
       何もかもが重複。

       「何でも良いから担いでやる。」
       という年齢でなくなった事を分かって欲しい。