No.416 (H.23.10.06)  本当のところは・・・


                           

        このところ、長い歩きが続いた。
        北ノ俣岳・薬師岳・飯縄山・大日岳など休憩を入れてであるが、
        「山ノ神」にしてみれば、10~12時間程歩いている。

        もっと速く歩けば、その時間が短くなるのであるが、
        出来ないものはしょうがない。

        それも、サブザックに、少々の荷であるから、
        ハンディ付きである。

        それなのに、「金曜か土曜になって、足の痛みが取れる。」
        と言うのであるから、痛くないのは、週の内の2日間程である。

        ようやく痛みが取れたと思ったら、休日が来ると言うのである。
        「ならば来なければ・・」 と言おうものなら、後が大変だ。

        今回のキャンプ山行では、少なからず荷を担がなければならなかった。
        早速、リズムが壊れたようである。

        このままいけば、ずっと、足が、また、身体が痛いと言うのであろうか・・
        一年中、都合が悪い事になる。
        そして、”健康” のための山行とは程遠くなる。