No.419 (H.23.11.22)  何事もなく・・・


                           

         小旅行から戻った「山ノ神」は、しばらく、
         私が、山に行かなかった事を信じなかった。

         そして、
         「まだ、お風呂に入っていなかったの?」 
         「まだ、ご飯も食べていなかったの?」
         と矢継ぎ早に捲し立てた。

         私が、旅行の事を「楽しかったか?」 とか
         「お天気に恵まれてよかったね。」
         くらいしか尋ねないので、「山ノ神」 も、
         「どうしていたか?」 などと、あまり鋭く尋ねて来なかった。

         黙って、グラスを合わせて、各々が飲む事で、
         何事もなく、一日が過ぎた程度であったのかもしれない。

         しばらくは、平和が続きそうだ。