No.42 (H.19.09.22)


    23日(日)に、住民運動会が決行されなければ、翌24日(月)は、
    その予備日になるため、山行を諦めなければならなくなる。

    だから、私は、仲間となかなか約束を交わせない。
    そんな折、「山ノ神」は、約束を交わしてしまった。

    ならばと、それに便乗した私は、「山ノ神」の苦手とする山名をあげた。
    そんな事になって、運動会が予定通り決行されれば、別行動が
    許される事になる。

    ここからの我が家の会話が可笑しい。
    私に、誰と行くかと聞く。「誰とも約束は交わしていないし、積極的に
    誘わない。」 と答えるが、「山ノ神」は、誰と何処へ行くかを言わない。

    その事を追求すると、聞かないからだと言う。
    それを言われると私は、聞くものかと思ってしまう。
    だから、私の行動も、根掘り葉掘り聞くなとなる。

    別行動を宣言した時は、浮かぬ顔であった「山ノ神」であったが、
    その表情は、次第にルンルンになってきている。
    何か良い事があるのであろう。

    私に、「何か欲しいものは?」 と聞く。
    「おにぎりだけでいいよ!」 でも、ガソリンはあったかな・・・