No.427 (H.24.01.25)  喜びと苦しみが同居・・


                           

         「山ノ神コーナー待ってたよ。」
         「本当か、ウソか知らないけれど楽しい!」 

         「また、途切れないように・・」 などと、
         激励なのか慰めなのか分からないけれど、

         そのような内容のコメントがたくさん届いた。
         (ウソ、2通だけ。)

         我々のバトルを、対岸の火事と見るか、
         「いずれ我が家にも・・」 との思いなのか分からないけれど、
         他人様は、変わった事可・笑しい事を求めすぎる。

         「そりゃ、探せばいろいろあるよ。」
         でもね、×(書ける)事と、書けない事がありますよね。

         どちらにしても、書いた人(私)が、
         忘れてしまった事を問われても困るのです。

         また、収まった事に、火を点けたがる人もいる。
         参るな! 


          そんな中で、奇特な御仁が山仲間におられる。
         「山ノ神」 と同行機会があれば尚更であるが、

         例え不参加であっても、奉納品として、
         我々が日頃飲まないような缶ビールを、私に託されるのである。
         (私達が飲んでいる紛い物のビールより2段階上のクラス。)

         始めのうちは、「そんなこと宜しいですわ。」 
         と言っていたのですが、今では、「ハハハハ~」
         と一礼し、手を高く上げて頂く事にしている。

         奉納か献納か語句の意味や使い方が分からないが、
         長い付き合いの酒呑老子様には、今更にして感謝である。

         このコーナーを設けて良かったのか、
         またまた、「山ノ神」 の呼称が、どうだったのか分からないが、
         長い間、「山ノ神」 と、してしまったからには、今更変更も出来まい。

         「神」となってからは、床の間に飾ったようなもので、
         もったいなくて、触りも出来ない。 

         妃殿下ではないが、下々の生活の戻って、
         「ちょっとぐらい、何とかしなさい。」 

         などと言われた暁には 、こっちが面食らってしまう。
         いつまでも、「山ノ神様」であらせられる事を望みます。