No.428 (H.24.01.26)  人前では・・・


                           

         埼玉の姉がたくさんの荷物を持ってやって来た。
         義理の甥の法要でやって来たのであるが、
         体調が完璧でないのに、また、大雪の中を、よくやって来たものだ。

         「山ノ神」にしてみれば、義理の姉。
         本来なら、小姑だけに、鬼千匹にあたるのであるが、
         あれやこれやと、もてなしてくれる。

         私の身内だけでなく、私の大事な客人達に対しても、
         結構気を使ってくれ私は助かっている。

         その事に対しては、「山ノ神」を、高く評価するのであるが、
         如何せん、夫である私には、意外と冷たいのである。

         燃えるゴミにも、燃えないゴミにも、出せないもどかしさは、
         わかるのであるが、所を変えれば、重宝され、
         まだ引き取り手があるという事が、分かっていないらしい。

         でも、「山ノ神」にしてみれば、そんな事があるわけがなく、
         お金を付けてまで引き取ってもらおうと思わず、
         それくらいなら、「下男として働かせた方がまし・・」
         と思っているに違いない。

         「あれもしたい これもしたい。」 と思っている
         私の夢は、どうなるのであろう。
         これも、長年のツケが回ってきたのかもしれない。