No.448 (H.24.04.09)   雨中の山行でも・・・


                           

         「酷い所へ行くなら行かない。」 と言っていた「山ノ神」が、
         突如、同行の意思表示をした。

         午後から崩れる予報に、早めに出掛けて、
         早々に引き揚げようと思っていた計画がオジャンとなった。

         「金剛堂山に行くかね!」
         「佐和子(娘)が行っても良いと言ったから行く・・」との返事。

         必ずしも良くない予報に、何処かへ行かなければ、
         損をしたような気持ちにでもなったのか・・・

         寝不足なのか、飲み過ぎなのか、
         それとも、何か食べ合わせでも悪かったのか、
         またまた不機嫌な顔をしていた。

         「何か食べないか?」 と言っても、「いらない。」と言う。
         そして、ピッチも上がらない。

         午前9時過ぎに、雨が降り出し風も強くなった。
         でも、私から、「止めるか?」は言わなかった。

         雨がミゾレに変わり、山頂付近では、視界がなくなった。
         びしょ濡れになった手袋を替えてやったが、
         手の感覚が、なかなか戻らなかったようだった。

         下山時の一服金剛を過ぎた頃に、やっぱり何か食べようとなった。
         細かい雨は降っていたが、構わずテーブル・ベンチを造った。

         コンロを出すと「山ノ神」は生き返った。
         お守りと言って持参している”点滴”を、ザックから貪り始めたのである。

         後に、「アラレが降ろうが、何のその。」 である。