No.449 (H.24.04.10)   酔わないビールなどいらない。


                           

          昨日の金剛堂山での出来事。
          「山ノ神」は、ずっと不機嫌であった。

          下山途中、お腹が空いた事もあったが、
          小雨降る中、テーブル・ベンチを造った。

          食事となれば、当然、”点滴”となる。
          「山ノ神」にしてみれば、当たり前の事かもしれないが、
          私からしてみれば、「具合の悪いのに・・」 となる。

          「山に来て、これ以外、何の楽しみがあるか!」
          とまで言う。

          カップ麺少しだけでは、栄養にはならないと思うが・・

          ノンアルコールビールを持参した私は、
          寒くてあまり美味しくなくないので、
          「山ノ神」に飲まないかと言ったら、
          「酔わないビールなど、飲む気分にもならない・・」 とか。

          でも、その問答だけでも、元気になったのだから、
          良しとしなければ・・・

          家に帰って、「山ノ神」の?ビールを一本飲んだ。
          「あんたが飲んだら、すぐになくなる。」 と言う。
          そんな事はないと思う。

          毎日、1本ずつ飲めば、24日間あるが、
          2本ずつ飲んだら、12日間しかない。
          それに、山で飲めば、当然、その期間が短くなる。

          一箱の中で、私が飲むのは、1~2本程度である。
          「山ノ神」が、私の清酒に、手を付ける方が、多いような気がするが・・


              注 我が家でのビールとは、第3のビールを意味する。