No.450 (H.24.04.26)   「山ノ神」に、してやられた。


                           

          娘・孫が、もうすぐ帰るのだから、
          1~2度くらい付き合ってやってもいいじゃない!

          「山に行くな!」 という事である。
          「何処に行くの?」 と問うても返事がないが、
          そう言われては仕方がない。

          ならば時間を区切って、早めに出て、いい加減に家へ戻るから・・
          と妥協案を出す。

          そしたら、「山ノ神」 も行くと言う。
          簡単な所なら、もしかしたら、山菜採り、だから。。。が理由。

          山に行くなと言っておきながら、一緒に着いて来る。
          それだけならまだしも、約束の時間に戻らなくてはと思っているのに、
          「あそこによれ。」 とか、「ここにも行かないか。」というのであるから、
          納得がいかない。

          家に戻れば、特別に行きたい所がないらしい。
          娘は、あなた方の休日だから自由に使えばいいと言う。
          では、私の山行を止めたのは、誰? 何故?