No.452 (H.24.04.29)   二人の拠り所  


                           

          覚悟はしていたものの、子供・孫達が帰ったから寂しくなった。
          それは、仕方がないもの。

          ところがである。
          財政状況の事もあるのかもしれないが、食卓に並ぶ物が、
          昨日までの物から、一転してしまったのである。

          私は、あまり注文を付ける方ではないのであるが、
          思わず、「おおっ」、と思ってしまった。

          でも、「酒だけは切らさない。」 
          何を削っても、酒とガソリンだけは、
          何としても供給するという 「山ノ神」のポリシーには、
          恐れ入るところがある。 

          飲めて、遠出(何処かに行く)という事が満たされれば、
          後は何にもいらない。
          これが、私達二人の拠り所なのかもしれない。