No.456 (H.24.05.09)   呆れたパートナー 


                           

          大倉山へ行くにあたって、ビールを1本余計に担いでやった。
          そんなわけでもなかろうが、「山ノ神」 は渋々承知した。

          途中で、「今日は頑張っているじゃない!」 などと、
          褒める事も忘れなかった。

          また、「早く着けば、早く飲めるじゃない。」 と激励?もした。
          その甲斐あってか、意外と早く山頂に達する事が出来た。

          絶景とビールがあれば、後の ”つまみ” なんて
          何でもよいような感じであった。

          ビール2本にノンアルコール1本が、あっという間になくなった。
          と思ったら、「山ノ神」 のザックから、もう1本が出て来た。

          呆れた。
          開いた口が塞がらなかった。

          「降りが怖いから、どうしようかな?」 と言いながら、
          スーっと、なくなっていった。

          「こんな楽しみ方もあるのかな!」 と思うしかない。