No.457 (H.24.05.22)   山菜シリーズⅠ 


                           



         君は、私を崖下に行かせて、何をしているんですか?

         こっそり持ち込んだビールを、道端の残雪で冷やして、
         「ほらほら、あそこにもある。」などと言いながら、
         ゴクリと飲むビールは、さぞかし美味しいでしょうね。

         私は、猿でもカモシカでもありません。
         一つ間違えば、あの世行きですよ。
         「えぇ~、まさか、それを狙っているわけでもないでしょうね!」