No.458 (H.24.05.23)   山菜シリーズⅡ 


                           



        ある程度の収穫を得て、長い林道を歩いて車に戻った。
        登山靴を抜こうと思ったら、「まだあるかもしれないから・・」
        と「山ノ神」がいうので、仕方なく登山靴を履いたまま運転する事になる。

        うねりくねった山道を、慎重に運転している中、
        「あった!」と「山ノ神」が言う。
        よく車の中から見付けるものである。

        道路から5~10m程上の法面に、確かにウドが生い茂っていた。
        「あそこはダメだよ!繋がるものがないし、ピッケルも刺さらないよ!」
        と言うと、「こっちからなら、登れるのじゃないの?」だって・・・

        「危ない所はやめて・・」だったハズなのに、
        時間が経つに連れ、慣れてきたのか、
        「あそこにも、ここにも・・」を繰り返す。

        その内、「もっと上にも・・・」になる。ご勘弁を・・・・

        下にいる「山ノ神」はどんな顔をしているのか、シャッターを切ってみた。
        心配顔でもなんでもない。これはどういう事?