No.465 (H.24.08.08)   元も子も・・・


                           

         唐松岳行きは、当然の如く、黒菱平から歩いた。
         出来る事なら倹約精神からである。

         本当のところは、皆様のような大盤振る舞いをすれば、
         「次行く山行に支障が出る。」 のが本音である。

         それなのに、下山時の八方山荘に着いたら、
         「山ノ神」が、吸い込まれるように売店に行ってしまった。

         片手にビールである。
         それも、自分のものだけ・・・

         「ソフトクリーム(300円)にしようかと思ったけれど、
         値段からして、ビール(400円)の方に手が伸びた。」である。

         「昨夜は、あんなに飲んだのに・・」 と言えば、
         「頑張ったのだから、ご褒美よ!」 だって!

         「終いには、一口あげようか?」 とまで言う。
         「こちらは運転手なんだ。俺に現金で400円くれ」
         には、絶対に反応をしない。

         ガソリンや高速代で、どれだけ倹約しても、
         これではザルから水が零れているようなもの。

         「でも、これが楽しみなんだ。」
         という「山ノ神」の気持ちが分からなくもないが、

         何もかも合わせている自分の気持ちは、
         「どうなんだ!」 と言いたくなる。