No.467 (H.24.08.24)   辛いほど飲まなくても・・


                           

         二日酔いの「山ノ神」は、喉に物が通らなかった。
         「大丈夫だ!」 と言っても、昨夜の点滴による
         カロリーだけでは持つはずがない。

         そして、口には出さずとも気持ちが悪いに決まっている。
         8時間半の行程で口にしたのは、水の他に、50円程度の
         大きさの大福餅を、2ヶ食べただけであった。

         励ましの言葉として、「ガンバレ!」と言えば、
         「頑張っているのに・・何か違った言葉がないか!」と怒る始末。

         後に着いていると、「先に行け!」 と言い、先に行けば、
         「行ってしまった。」 と支離滅裂である。

         避難小屋に着いて宴が始まるや否や、私にもとコップを出す。

         「汗になって悪い物が全部出てしまった。」
         「もうすっかり治った。」 だとか・・・