No.468 (H.24.08.26)   何が本当か分からない。


                           

          よく諍いをする二人。
          ちょっと、考えて見た。

          「山ノ神」 が、逝ってしまったら・・・
          動けぬようになってしまったら・・・

          惚けてしまったら・・・・
          などと考えれば、少々の事は、耐え忍ばなくてはと思ってしまう。

          それは、あちらとて考えている事。
          お互い「自分は大丈夫」 との仮定の考えである。

          私が、「倒れたら、しばらく放って置いてくれ。」 とか、
          「延命治療はいらない。」 と言えば、
          一筆認めておいてくれという念の入れよう。

          「私の寿命は62歳。太く短く生きたい。」
          と言っていたはずの「山ノ神」であるが、

          最近は、「あんたが逝ってしまったら、老後が不安」
          とまで言うようになった。

          これからは、新たに、化かし合いの人生が始まるような気がする。