No.470 (H.24.09.01)   荷が肩に食い込む。 


                           

      次行く山を計画中であるが、「山ノ神」は、ウンともスンとも言わない。
      「何事も、あんたに任せる。」 である。

      ガイドブックや地図も見なければ、ネットで探しもしない。
      それでいて、帰ってから、他のHPを見付けては講釈を語るのである。

      重荷はダメ、長い距離はダメ、それでいて存在感を強調する。
      このような厄介者を、パートナーとして歩くのであるから、
      それはそれは大変である。

      「ガンバレ!」 と言えば、頑張っているのに、「他に言葉がないのか!」
      後に着いて歩けば、「追い立てられているようでイヤだ!」

      先に行けば、「私を放って行ってしまった。」 なのである。
      笑顔は、飲む時 (点滴時)だけ・・  ホトホト

      「岩が、ゴロゴロしている所はダメ、急登はイヤ・・」
      それでは、山に来て登る所はないではないか!! 

      下界では見られない素敵な景色
      山頂で飲む冷たいビール
      泊まらないと見られない朝夕の神秘な光景

      それは全て、相当の努力をしなければ適えられない事。

      今回は、どのような荷の配分になるのだろうか?
      2対1 これが限度である。(アルコールを削ろう。)