No.471 (H.24.09.06)   岩のない山などない。 


                           

          どれだけ山行回数を重ねても、
          生に合わないという事があるのだろうか? 

          「山ノ神」は、岩場と言われる所には行きたがらない。
          だから、剱とか槍・穂高等は、頭から除外している。

          それだけなら、私としても分かるのであるが、
          その岩場の定義が「山ノ神」とで、ギャップを生じている。

          実際、岩や大きな石が、ゴロゴロしているだけで、
          ダメなのであるからどうしようもない。

          岩と岩の間を歩くと、足が吸い込まれていくような気がする。
          岩に繋がって行くと、滑り落ちるような気がする。

          などが理由であるが、山歩く限り、岩がない所などあるわけがない。

          でも、山に行きたがる。いや着いて来る。
          もしかしたら、邪魔をしに・・・・

          先日も、そうだった。
          「行けない。」 「帰れない。」

          そうなると、引っ張り上げるとか、荷を担いでやるとか、
          いろいろと難儀な事が起きて来る。

          それは、他の人から見れば、差程大した所でないのに・・
          である。

          大した所でないから、フォロー出来るのであるが、
          もう、そろそろ限界が近付いて来ているような気がする。