No.472 (H.24.09.20)   痛み分け・・ 


                           

          「10キロと20キロ以内の荷に抑えよう。」
          と言っていた蝶ヶ岳行き。 

          結果的には、13キロと22キロになってしまった。
          最後に、あれもこれもとなったのである。

          清酒・ビール・水で7キロは、仕方がないにしても、
          グレープフルーツや梨などの果物はあまり頂けない。

          休憩時に、見ず知らずの人に、お裾分けとし、配るのであるから、
          自分の食べるも分は、何分の一である。

          それが、1個でなく何個もであるから、「重い物を担ぐ割には、
          分が悪い。」 と私が言ってしまうものだから・・・

          「あんたは何よ・・ お酒が入ったら、飲めよ!飲めよ!
          誰にでも・・・」 と言われてしまった。
          「コーヒーだって、そうだよ! その水は重いよ!」

          「結局、いい顔をしたくて・・」 になるが、
          でも、相手様の喜んでくれる顔を見ていると、
          嬉しくなるのであるから止められない。

          二人だと、そんなに飲まないし食べないのであるが、
          客人が伴うと、もう少し担いで来れば良かったのになる。

          そんな事は、体力に陰りが見え始めているから、
          そう長く続かないかもしれない。

          「軽量化」 は、だんだんと現実味を帯びてきているようだ。