No.476 (H.25.01.09)   まだまだ・・・・


                           

          山しか行かないから山へ着いて来る「山ノ神」
          決して、山が好きではないのであろう。

          運動が好きな人ではなく、テレビを見ていても、
          それを補うトレーニングをやる気もない。

          そして、あなた任せ。
          それはいいのであるが、泣き言がないのなら・・・



          昨日の大双嶺山がそうであった。
          ヤブで強ばった顔が、遂には泣きそうな顔になったのだから・・

          「何で、こんな所に連れて来た。」 と言わんばかりであった。
          こちらとて、「イヤければ来なければ良かったのに・・」である。

          でも、これだけ山に関わっておれば、山頂に立った時の達成感が、
          そして、来なければ分からない大自然の素晴らしさが、
          それとなく分かっているはずである。

          「山頂で飲む1本のビールが・・」 などと言っている内は、
          まだまだ、その域に達していない証拠のような気がする。