No.477 (H.25.01.14)   品を替えて・・・


                           

          小白木峰は寒かった。
          下界の朝の気温を考えれば想像以上であった。

          シェルターの中で暖を取ったが、
          「山ノ神」 のザックから、意外な物が出て来た。

          「点滴」 と称しているビールでなく、
          この寒さの中で、身体の芯から温める 「妙薬」であった。

          大吟醸のような銘酒でないだけに熱燗が良いようで、
          鍋料理の中断を余儀なくされてしまった。

          家に戻って、「今日のお酒は、ヒットだったな~。」
          と言ったところ、「お裾分けをする計算までしていなかった。」

          本当は、「もうちょっと欲しかった。」
          と言いたげだった。 

          どちらにしても、山では飲まない私が担ぐのであるから、
          何だか可笑しいのである。