No.480 (H.25.01.22)   私は修行の身


                           

         「今年になって、未だ一度しかハンドルを握っていない。」
         と言う 「山ノ神」に、156号線へ出た頃、

         「ここなら、大丈夫だろう!替わろうか?」 と、
         うかつに言ってしまった。

         「山道や雪道を運転しない。」 と、決め込んでいる
         「山ノ神」への思いやりのつもりであったのに、
         「私、飲んでいるでしょう。」 であった。

         そう言えば、いつものビールの他に、清酒まで頂いていたけ! 

         「山頂で飲むダンナの為に、夫人が帰りの運転をする。」
         光景を、それとなく拝見しているが、何故か我が家は反対である。

         「それが楽しみで山に来ている。」 のは分かるが、
         それでは、私は一体何なんだろう・・・・ 

         でも、それくらいの事なら、私は我慢が出来る。
         我慢出来ない事もあるのだから、分かって欲しい。