No.484 (H.25.02.18)   青天の霹靂とは、こんな事か・・・


                           

        昨日は、ハレルヤの月例会であったが、
        流石に3週連続の「大地」を、「山ノ神」は嫌った。

        「お天気がいいぜ!」 「月一の山仲間に会いに行こうよ!」
        「キャンプしてもいいぜ!」 などの囁きにも、一切耳を傾けなかった。

        今日のハレルヤには、小さなアクシデントが発生し、
        朝日小川ダムに到着したのが、やや遅れた。

        そんな事もあって、8号線の入ったのは18時台であった。
        そこへ「山ノ神」からメールが入った。

        「ゴメン連絡もせず、大阪にいます。」 であった。
        「えぇ~っ」 なんで、全くの「寝耳に水」である。

        前の晩も出発の朝も、何の素振りもなかったのに・・・ 


        息子の所へ行くのは一向に構わないが、何故何も言わないで・・・
        「息子に何かあったのだろうか・・」

        「それとも、私にまた、何か失言があったのだろうか?」
        と思ってしまうではないか・・・


        今日も我が家は休みであるから、ゆっくりして来れば良いのに、
        何故か、中途半端の時間に帰って来るとか、

        この機会にと思った事があったが、
        「山ノ神」は、私が山以外にする行動を信用しない傾向にある。

        何か良いことなんか、あるわけがないのに・・・