No.489 (H.25.06.25)    言葉足らず


                           

          昨日の出掛ける前の事。

          時間制限下の中での山行だけに、
          少しでも時間の有効利用をと考えてしまう。

          元さん → 「早くしなよ!」
          「山ノ神」 → 「私に、まだ何をせよと言うがけ・・」

          私にすれば、もっと早く起きれば、それがダメなら、
          昨夜の内に、やっておく事もあるのではとの思いがある。

          「山ノ神」にすれば、もっと協力してくれてもいいのではと、
          思っているのかもしれない。

          いつも言うように、怒るだけ損な事が、分かっているのであるが、
          人間未熟なためにどうしようもなく、後々空しさだけが残る。

          帰ってからが、もっとまずかった。
          良かれと思って口にした事が、裏目に出てしまった。

          いつか家出を決行しなければと思っている。