No.491 (H.25.07.03)    「意外な脚力」
                        始めから出せば良いのに・・



                           

          鍬崎山から大品山の帰り、100m位の登り返しがある。
          その途中、「山ノ神」 の足が何度も止まった。

          ゴンドラの時間がある。
          唯でさえ、保育所の迎えが気になるのに、
          乗り損ねたら、それこそ大変な事になる。

          足の止まった「山ノ神」に、「飲み過ぎだ!」
          と言ったものだから、「山ノ神」は膨れた。

          そこから、ゴンドラ駅までノンストップ。
          目に止まらぬ速さで駆けていった。

          食事の出来なかった私は、しゃりバテ気味が祟ってか
          なかなか追い着かない。

          こんなハズがない。
          何処かに隠れているのではないかと思ったくらいであった。
          「火事場の○○力」 なのか、時々不思議な力を出す。

          ゴンドラ山頂駅に着いても、「山ノ神」はいなかった。
          帰りの私の切符を、係員に預け、サッサと降りていったような・・・・

          係員の方と、「怒ったら・・」 などと話を交わすと、
          「何処も一緒ですよ!」 の返事!